ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

不当表示になるかどうかの判断基準

 

 景品表示法は、「一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為」の防止を目的としたものですから、その広告が事実であるかどうかが問題になります。実際のものより品質やサービスが優れていたり、有利な条件で購入できたりする表現は「不当表示」とみなされます。

 その判断の基本は、まず広告物全体を見て、商品やサービスの特徴やアピールポイントを探します。次に、そのポイントが事実と一致するかどうかを確認します。もし、表示内容と表示に対応した事実との間にズレがあれば、不当表示とみなされるおそれがあります。

 アピールポイントは、一つだけとは限りません。

 「優良誤認」とは、その品質、規格その他の内容について、①実際のもの ②事実に相違して当該事業者と同種のもしくは類似の商品もしくは役務の供給(サービス)している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示のことをいいます。

 また、「有利誤認」とは、価格その他の取引条件について、①実際のもの ②当該事業者と同種もしくは類似の商品もしくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示のことをいいます。

 ここでいう「著しく」とは、誇張・誇大の程度が社会一般に許容されている程度を越えていることを指しているものです。誇張・誇大が社会一般に許容される程度を越えるものであ るかどうかは、当該表示を誤認して顧客が誘引されるかどうかで判断されます。

 消費者は商品やサービスに関して、すべての情報をもっているわけではないので、表示が事実と一致しているかどうかを確認することは、広告主に課せられた重要な責任です。

 

通信販売の「送料」について 「送料別途」はNGです!

 

販売価格に商品の送料が含まれていないときには、送料を別に表示しなければなりません。販売価格だけ表示されている場合には、送料はその中に含まれているものと推定されます。

なお、商品の送料は、「金額」で表示しなければなりません。これは、金額表示を行うことで購入者の負担する費用を明確にするためです。「送料実費」は認められません。

 

[適切な表示例]

  1. 全国一律の場合には、「全国一律○○円」
  2. すべての地域について表示する場合には、「○○円(北海道)」「○○円(関西)」「○○円(沖縄)」
  3. 発送元地域と重量、サイズ等について明確にして、利用する運送会社の料金表のページにリンクを貼ることも認められます。

 

[不適切な表示例]

  1. 「送料実費」は不可で、必ず金額を記載しなくてはなりません。
  2. 「○○運輸○○円」最低金額と最高金額の記載が必要です。
  3. 「送料についてはhttp://www.○○○を参照」は、リンク できることが必要です。
  4. 「○○運送、△△運送、□□運送、◇◇運送のうち、○○運送については、送料○○円」 運送会社ごとに送料を明確に記載するか、各運送会社のホームページの料金表のページにリンクさせるように記載することが必要になります。

 

広告スペースが不足している場合には、購入者が自ら負担する送料についておよその目途を立てられる表示として、たとえば、最高送料と最低送料、平均送料、送料の数例等を表示することも認められます。

[認められる具体例]

  1. 最低送料と最高送料の表示の場合には、「送料○○円(東京)○○円(沖縄)」
  2. 平均送料の表示も認められます。「送料○○円(約○○%の範囲内で地域により異なります。)」
  3. 数例の表示の場合は、「送料」 ○○円(東京)、○○円(大阪)、○○円(福岡)」                     

(関連法規)特定商取引法

エイジングケア 化粧品の広告で知っておきたいこと

<定義>

 加齢によって変化している現在の肌状態に応じて、

化粧品等に認められた効能・効果の範囲で行う、

年齢に応じた化粧品等によるケアのことです。

 

<認められる表現の範囲>

 年齢に応じた化粧品等の効能効果の範囲内のケアの「エイジングケア」を用いた表現。

 

<認められない表現の範囲>

 若返り、老化防止、シワ・たるみの防止等の化粧品等の効能効果の範囲を逸脱した「エイジングケア」を用いた表現。

 例: a) 素肌の若返り効果に関する表現

      b) 素肌の加齢による老化防止効果に関する表現

      c) 加齢によるシワ・たるみの防止、改善に関する表現

      d) 配合成分、作用機序の説明で老化防止を標ぼうした表現

      e) 肌質を改善し、老化防止を標ぼうする表現

      f) 「エイジングケア」を個別の具体的な効能・効果、又は作用あるかのように標ぼ

     うした表現

 

<注意>

 「年齢に応じた肌のこと」という注釈をつけても、「認められない表現の範囲」の例に抵触する表現はできません。

 

 

『月曜から夜ふかし』で「知られざるお仕事」として紹介されました。

 CM考査アドバイザーは、日本テレビ系『月曜から夜ふかし』で「知られざるお仕事」と紹介されたように、まだ一般にはよく知られていない業務です。

 簡単に説明すれば、ラジオやテレビのCM、また新聞で紹介される広告表現を、法令や業界ルールなどでチェックし、適正な表現に近づけるためのアドバイスを行う会社です。

 代表の三角弘之は、民放ラジオで10年、会社を設立して9年余り、スペシャリストとして年間に4000篇ものCM考査をこなしてきました。

 その豊富な経験を生かして、ラジオ・テレビはもちろん新聞の表現チェックにも実力を発揮しています。

たとえば、
以下のようなケースの場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

化粧品で(薬機法)

原則禁止されている「使用前・使用後の写真」をなんとか使える方法はないか。

肌にツヤを与える効果を「透明タマゴ肌」にしたら認められなかった。なぜか。

「20歳台を境に顔に衰えを感じるのは、シワやたるみが始まるから」と表現できるか。

 

サプリメントで(46通知)

「余分なものをため込まないために大切な働きをしてくれる酵素」は表現できるか。

「理想のカラダづくりを応援する安心の1キロカロリー」はサプリとして表現可能か。

「口臭の元となる菌に対する効果が期待できる口腔ケアサプリメント」は表現可能か。

 

通信販売で(特商法)

「送料は別途いただきます」という表現は、認められるか。

「満足されない場合には返金します」の場合は無条件で返品に応じなければならないか。

広告に返品に関する表示がない場合、返品請求にはどう対応しなければならないか。

 

 アドリーガルは、これらの問題に明快な回答を差し上げます。

 また、個別の懸案事項に関しては、お客様の社名や商品名を伏せて関係の行政機関にその見解を問合せ、安心できる解決案を相談して導き出します。

 ラジオやテレビ局の考査でお困りの方、新聞の厳しい審査で改稿の糸口をお探しの方、新しい広告表現に不安をお持ちの方、ホームページのチェックをお望みの方・・・

 皆様の広告活動に役立つようにお手伝いをさせていただきます。

ぜひ一度、アドリーガルにお問い合わせください。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

PAGE TOP
WEB限定の特別プランをご用意! 一編:5,000円~ 月額:20,000円~
ご依頼・お問い合わせはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら
電話番号:0120-905-397 営業時間 10:00 - 18:00