イメージ画像

その広告表現、大丈夫ですか? ― CM・広告を制作するにあたって気をつけなければいけないこと ―

広告のルールや業界の自主基準に基づいた適正な表現であるか?

広告のキャッチコピーや謳い文句を作る際、その広告表現の中には守らなければならないルール・自主基準というものが数多く存在します。

それは各業界ごとに設けられた自主基準や、民放連による放送基準など実に様々な要素によってルールが決められています。

特にテレビやラジオなどのメディアは公共性の高いメディアなので、発信する広告に根拠や合理性のない言い回しが含まれていたり、他社を貶すような倫理性に欠ける表現になってしまっていてはいけません。

  • 文言の言い換え
  • 放送基準
  • 正当性・合理性・倫理性
  • 各業界の自主基準

各法律にのっとった表現・表示であるか?

広告表現に関する法律といえば「不当景品類及び不当表示防止法」いわゆる景品表示法が有名です。

しかし商品の種類によっては、薬機法(旧:薬事法)や特定商取引法、著作権法、金融商品取引法など、景品表示法とは別の法律が関わってくることが多くあります。

当社では、お預かりした広告表現が各法律にのっとった文言であるかのアドバイスも行っております。
広告表現・考査のプロとしての経験を元に、お客様により公正な広告表現をご案内します。

  • 景品表示法
  • 薬機法
  • 特定商取引法
  • 著作権法

広告表現で、こんなお悩みはありませんか?

  • 法律を遵守した表現・表示であるかが分からない…。
  • どこが表現上の問題なのか?着眼点を知りたい
  • この表現はユーザーから誇大広告ととられないか?
  • 通販番組を増やしたいが、考査の態勢が不足している…。
  • 業界の自主基準から逸脱した表現ではないか?
当社ができること

当社はこのような広告表現のお悩みにアドバイス・改稿提案をする会社です。

  • メディア関係者の方へ

    テレビ・ラジオ・新聞など、幅広いメディアで広告の考査を行っております。元々メディアにいた人間だからこそできるご提案があります。

  • 広告主・広告代理店の方へ

    その広告の表現は、広告のルールに基づいた表現ですか?広告考査のプロが低価格でしっかりとアドバイスし適切なご提案をいたします。

  • 代表プロフィール

    14年を超える豊富な考査経験と、消費生活コンサルタントの知識を活かして、問題点を明快に分析し、安心できる、適切なアドバイスを差し上げます。

  • 会社案内
  • 個人情報保護方針
  • スタッフブログ

最近の事例 ※具体的な団体名・品名等は伏せています一覧を見る

  • 2016.01.26BLOG はじめました。

    平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

PAGE TOP
WEB限定の特別プランをご用意! 一編:5,000円~ 月額:20,000円~
ご依頼・お問い合わせはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら
電話番号:0120-905-397 営業時間 10:00 - 18:00